プロフィール

ちき(暫定です)

Author:ちき(暫定です)
素敵な作業用BGM探し中

半分凍ってます
どこに保存すればいいのかな

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/09/08

ガリバー旅行記

最近気になるひとつ

おとぎ話系?で小人の国の内容が知られていると思うが
結構いろんなところに行っているらしい
日本にも来てるんだってさ
スポンサーサイト

continue reading

2014/08/07

椿姫

今読んでいる本

なかなか売ってなかった気がする
なんか面白いということで購入
お話は悲劇っぽい

喜劇より悲劇の方が読んでて面白い(興味深い)かもしれない

シェイクスピアの悲劇系を今度読んでみようと思う

推理系より物語の方が好き

以降続きを読むへ

continue reading

2008/04/20

今はもうない

森博嗣氏の著書。

久々に本の話。
時間が無くてこのところ読書できなかった・・・というかその習慣が抜けていた。
この作品はラストでやられたという感覚。いい意味で裏切られた感じ。
ミステリィ事態より、犀川先生と西之園萌絵のやりとりが面白かった気がする。
普段あんな会話されたら、たぶんついていけません。


さて、次の作品は・・・なんかとても分厚い。

2006/12/27

笑わない数学者

森博嗣氏の著書。
立て続けに読んでる。今回は作中に数学の問題とかも出てきて主にそっちで悩まされた。4つの数字を四則演算して24を導くのはなんとかできたけど、ビリヤードの玉を使った問題・・・アレ無理だったorz
むしろ事件のトリックはすぐにわかったという・・・で、最後まで読んでもビリヤードの玉を使った問題の答えは無し。
頭が冴えている時にじっくり考えたいと思う。


(1と2は絶対使う。3か4は使わないといけない。たぶん3だろうとは思う。で残りをどうするかが問題。)

2006/12/22

冷たい密室と博士たち

森博嗣氏の著書。
「すべてがFになる」を読み終えたので次の作品をってことで読んでみた。トリックについては、読んでいてなんとなく引っかかってはいた点ではあったが答えは導けなかったので「なるほど」と思わされた。
動機については完全に想像通りだった。まぁ作品中では動機なんてどうでも良くて手法を解く方がメインっぽいけど。「すべてがFになる」と比べるとミステリィっぽいミステリィだったのではないかと思う。
なかなか楽しく読ませていただいているので、是非残りも全巻読みたいと思っております。

(20↑あるから読み終わるの時間かかりそうだ。お金も結構かかりそう。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。